PMSによるむくみ改善に腸もみ整体
腸もみ整体はリンパの仕組みも考えた手技です。
むくみ解消のお役に立てればと思います。
銀座一丁目駅から徒歩1分の個室サロンです。

リンパの流れを生み出す腸もみ整体

リンパの流れ

血管と同様に体中に張り巡らされているリンパ管。

毛細血管で吸収しきれない水分や大きな分子の老廃物は

このリンパ管から回収されてリンパ液となり、

抹消から深部の静脈へと流れ込みます。

 

体表付近の毛細リンパ管以外のリンパ管は

集合リンパ管よりも深部になると平滑筋で覆われています。

その平滑筋は自律神経支配なので、

ゆっくりではありますが、

それにより1分間に2から6回程度収縮を繰り返します。

リンパ管も自力で動いてます。

 

一度、毛細血管中の間質液がリンパ管に回収されると、

多くの弁により一定方向にしか移動しないため、

再び、間質液中に逆流することはないですが、

体幹でのリンパの処理速度が間に合わないと、

回収しきれない間質液が溢れ出します。

むくんでいる状態をリンパが詰まるとよく表現しますが、

確かに詰まってると表現できるなと思います。

 

 

むくみが気になる方は

リンパ管の自発運動だけに頼るのではなく

能動的にリンパ管を動かすこともできるので、

意識してみてもいいと思われます。

 

運動、ストレッチ、整体による骨格筋の伸縮、

深呼吸、

腸もみによる消化管の運動、

関節の曲げ伸ばし、

アロマなどによる皮膚刺激、など。

リンパの流れを生み出す腸もみ整体
  • 01骨格筋の伸縮と関節の稼働

    リンパの大きな流れを作るには先ず骨格筋の収縮が大切です。運動でも筋肉は伸縮を繰り返しますが、リンパの流れをよりスムーズにするためには普段動かさない部分の稼働を広げることが必要だと感じます。足のむくみで言うとしっかり指先が運動できているかどうかはふくらはぎや太ももの運動とも関連してくる大事な筋肉であり、関節です。

    この部分のケアにより、普段の歩行がより効果的に足の骨格筋を動かし、関節を動かすことにつながります。

  • 02呼吸による鎖骨の稼働

    全身のリンパの流れは最終的に左右の鎖骨下静脈に流れ着き心臓に戻ってきます。これらの静脈は鎖骨付近にあります。ここの流れを大きくすることは全身のリンパの流れを大きくすることにもなるので大事だと思います。

    深く呼吸ができるようになることで鎖骨が動くようになり、鎖骨下静脈と頸静脈の流れも良くなります。

    深い呼吸のためには肋骨の動きが大事で私のサロンでは肩甲骨ストレッチ、背骨のストレッチ、デコルテをケアすることなどで行ってます。

    デコルテケアの時、特に左鎖骨が硬い方が多いですが、それは右鎖骨下静脈と左鎖骨下静脈の請け負っている仕事量の違いによるものが大きいかもしれません。図のように左と右ではリンパの受け入れる範囲が違ってきます。そのため左鎖骨付近のケアは特に大事だと思われます。

  • 03皮膚刺激

    アロマトリートメントがむくみに効果的だとよく言われていますが、リンパの流れを作る特徴として皮膚刺激があるので、理にかなった施術方法だと思います。

    私のサロンでも経絡や関節部分をアロマで圧しこみながら流すようにしています。